塩辛ビビンバ 韓国グルメ
塩辛ビビンバ

食欲がない時の特効薬! 多様でおいしいビビンパ 10種類

ヘルシーに食べやすいビビンバの豊富な種類
ビビンバの持つ味の魅力はいつも新しい。 材料一つ一つを手入れして丁寧に載せる料理名人のビビンパもあるが、コチュジャンにいくつかの材料を入れて混ぜるだけでなかなか良い味になる超簡単ビビンパもあるからだ。 同じ材料だとしても、どのように材料を作り、量をどれだけ入れるかによってビビンバの味が変わるため、多彩なレシピを作り出すことができる。 そのため、わざわざビビンバのおいしい店に行かなくても、好きな材料で作るホームメードビビンバが世界で最もおいしいビビンバのおいしい店になる。 家で作って食べるのにちょうどいいビビンバの材料を調べてみて、さらに美味しく混ぜてみよう。

牛肉ビビンバ

牛肉ビビンバ

牛肉ビビンバ

食べ残した牛肉の量が曖昧な時はおいしそうに炒めて他の材料と一緒に美味しいビビンバを混ぜて食べることができます。 牛肉は千切りにして使ってもいいですが、ほかの材料とよりよく合うようにするためには細かく刻んだりすりおろしたりするのがいいでしょう。 塩とコショウで下味をつけ、オイルを引いたフライパンで炒めて準備すればいいです。 残りの材料は自分が好きなスタイルで用意すればいいですが、茹でたモヤシだけを混ぜてもやしビビンバのように食べてもいいでしょう。

ツナビビンバ

ツナビビンバ

ツナビビンバ

家の食器棚に1、2個はありそうなツナ缶入りを使えば、超簡単ビビンバを作ることができます。 使われる材料はツナとコチュジャン、ゴマ油、そして少しのキムチだけで良いが、好みによってサンチュやふりかけのりを加えると風味がいっそう引き立ちます。 温かいご飯にすべての材料を乗せてゴシゴシと混ぜるだけで完成、ここに半熟の目玉焼きをのせるとビジュアルまで引きつける。 もしコチュジャンを入れずに、簡単に混ぜて食べましょう。

野菜ビビンバ

野菜ビビンバ

野菜ビビンバ

野菜ビビンバまたはスプラウトビビンバで、メイン材料がなくてもさっぱりした味で食べやすいです。 冷蔵庫の中の切れ端野菜が多いときの片づけにも最適としてよく使われる野菜は、サンチュやゴマの葉、にんじん、キャベツ、パプリカなどがあります。 野菜ビビンバを作る時は、コチュジャンよりも甘酸っぱい酢コチュジャンで混ぜると良いです。 コチュジャンに酢と砂糖を1:1の割合で入れ、味を見ながら強さを調節します。

灰貝ビビンバ

灰貝ビビンバ

灰貝ビビンバ

灰貝が旬の季節には是非、灰貝ビビンパを作って食べることをおすすめします。 作る過程が多少面倒でも灰貝ビビンパが与える味の幸せによって料理過程に対する面倒は雪が解けるように消えてしまうからです。 うす口しょうゆににんにく、ねぎ、たまねぎをみじん切りして入れ、砂糖と唐辛子粉などを混ぜてタレを作ります。 よく煮出した灰貝は、身だけを分離して作ったたれで、もみもみと和えるだけでいいです。 温かいご飯の上によく和えたハイガイをたっぷり乗せ、最後にごま油を一周するとモチモチ食感が生きている美味しい灰貝ビビンバの完成です。

ユッケビビンバ

ユッケビビンバ

ユッケビビンバ

そのまま食べてもおいしいユッケですが、食べているとすぐ飽きてしまうことがある。 こんな時にはユッケをビビンバにしてみたらどうですか。 ユッケに塩と砂糖、刻みネギとニンニク、ゴマ油とゴマ塩を入れてもみもみと和えます。 この時、過度にスパイスが入らないとユッケ本来のさっぱりとして香ばしさが楽しめます。 細かく炊いた白いご飯の上に、味付けで和えたユッケを乗せ、千切りにしたレタスやナシ、各種ナムルなどを添えて一番上に卵黄をのせてのせてください。 もちろん他の材料を使わずにユッケと卵黄だけで作っても一般のビビンパとははっきり違う味を出すことができます。

トビコ入りビビンバ

トビコ入りビビンバ

トビコ入りビビンバ

冷凍のトビコを一度購入するといろいろ使うことが多いです。 茶碗蒸しや茶碗蒸しに活用してもいいですし、のり巻きやチャーハンなどに入れてもいいです。 もちろんビビンバにも素晴らしい材料が使われています。 冷凍状態のトビコを熱すると特有の噛む食感と色が消えるので、室温や冷蔵庫で自然に解凍します。 それからエゴマの葉、レタス、キャベツなどの野菜を用意し、トビコをたっぷり乗せるだけです。 コチュジャンダレもいいですが、わさびを混ぜた醤油で味付けすると、ピリッとした辛さが加わり、一味違った楽しみ方ができます。

ホヤビビンバ

ホヤビビンバ

ホヤビビンバ

ホヤは好き嫌いが分かれる海産物なので、ホヤビビンバになかなか挑戦できない人も多いですが、ホヤが好きな人にとってビビンバは珍味の中でも珍味と言われています。 新鮮なホヤ特有の香りを存分に楽しみながら、新鮮な野菜も一緒に食べることができ、健康な食事としても遜色ないです。 ホヤの身だけを分離して下ごしらえしておき、普通ホヤを食べる時のように大きめに切るか、あるいは細かく刻んで使ってもいいでしょう。 普通は酢コチュジャンダレを使いますが、醤油+わさびダレを使えば、より濃厚な香りのホヤビビンバを食べることができます。

ナムルビビンバ

ナムルビビンバ

ナムルビビンバ

ビビンバといえば、赤、黄、緑など、色とりどりの品ぞろえを揃えたビジュアルスタイルが真っ先に思い浮かびますが、それがまさに各種ナムルを利用したビビンバです」。 家でこのようなビビンバを1食にするにはかなりの時間と真心が必要なので、一般的に祝日が終わった直後にナムルビビンバをたくさん作って食べるのです。 普通、ほうれん草とわらび、もやし、もやし、キノコ、カボチャ、にんじんなどを利用して炒めた牛肉と目玉焼きを一番上の薬味で出されます。 ナムルビビンバを作る時間と真心に比例して、他の材料のビビンバよりも深い味わいが感じられることでしょう。

大根の若菜ビビンバ

大根の若菜ビビンバ

大根の若菜ビビンバ

食欲がない時に食欲をそそるビビンパの材料はヨルム(大根若菜)ではないでしょうか。 カルグッスやすいとんを専門的に売る食堂でメインメニューが登場する前にコンボリご飯とヨルムキムチを出してくれるのに何でもない材料であるにもかかわらずコチュジャン、ごま油を加えてよく混ぜると、むしろメインメニューを忘れる場合が多いです。 「ヨルムキムチ=コンボリご飯」という公式が成立するとしても、誰もが十分に共感するほどシンプルですが、最高の味を感じることができます。

塩辛ビビンバ

塩辛ビビンバ

塩辛ビビンバ

他の材料は一切必要なく、塩辛さえあれば何でも解決できる「世界で一番簡単なビビンバ」もあります。 おかずとしての塩辛だけで食べるのが多少飽きた時、ビビンパを作って食べれば良いが、全ての塩辛類はビビンパ材料として充分に活用できます。 また塩辛自体が基本的に塩辛いので、ビビンバを作る際に別途のたれを作る必要もありません。 その代わり、イカの塩辛やタコの塩辛はご飯の上に載せる前に細かく刻んで用意すれば、まんべんなく混ぜることができます。

「食欲がない時の特効薬! 多様でおいしいビビンパ 10種類」のお話でした。健康的でおいしいビビンバがたくさんありますね。おいしく食してみてはいかがですか。

おいしくて楽しい韓国料理 ビビンバ。 様々なナムルを混ぜた世界の人々の健康食
色と味、季節と地域、自然と人間がひとつになって調和し融合するのがビビンバ精神です。 白いご飯の上に各種のナムルや肉炒め、てんぷらなどをのせて混ぜて食べるビビンパは私たちと外国人両方が一番最初に挙げる韓国を代表する食べ物です。 1800年代末...

コメント