韓服 韓国ファッション
韓服

韓服は韓国の人々が長い間着てきた固有の服

韓国人が長い間着てきた固有の服 『韓服』。 今日、人々がよく着る韓服は朝鮮中期以降に定着したもので、時代によって種類や形は少しずつ異なります。

韓服の基本は男性の場合にズボンとチョゴリ、女性の場合にスカートとチョゴリです。 上着としてはマゴジャとトゥルマギ(外套)を着ますが、男性はチョッキを足して、女性は胴着を足して着ます。 このうち、マゴジャ(馬褂子/重ね着する上着)とトゥルマギ(周莫衣/外套の一種)、胴衣は開化期以降に入ってきたものです。

韓服は北方民族の服飾に従っていますが、韓国民族固有の特徴も併せ持っています。 紀元前にはすでに韓服があり、高句麗古墳の壁画や新羅と百済の遺物からも韓服の様子が窺えます。 韓服は時代によって形が少しずつ変わり種類も多様になりましたが、基本的な伝統は保たれたのです。 三国時代のズボンは基本的に幅が狭く、足首に余裕をつけるようにしましたが、広いズボンと短いズボンも一緒に履きました。 三国統一後には女性のスカートがプリーツスカート、セクトンスカートなどと多様化しました。 女性たちはスカートの中に何重ものズボンをはいてスカートを膨らましたが、このような方式は朝鮮中期まで続いたのです。

朝鮮時代中期以降は家父長制度が強化され、女性が思う存分外出することができず、外出しても顔を隠さなければならなかったため、長衣と被り物のスカートが現れました。 チョゴリの上に重ね着するマゴジャは、朝鮮末期の高宗の時、清に拉致された興宣大院君が帰ってくる時に着たのが初めてです。 チョッキは開化期に入ってきた洋服の影響で着始めたが、ポケットのない韓服の短所を補ってポケットをつけたチョッキが流行した

日本の植民地時代には西洋の文化が押し寄せ、西洋の服を着る人が急増しました。 逆に韓服を着る人々はますます減少した。 このような現象は1960年代から欧米式近代化を推進しながら加速化しました。 しかし最近、韓服の美しさと素晴らしさが再び知られ、韓服を復活させようという努力が行われています。 伝統韓服を改良して作った生活韓服も登場し、人々の関心を集めました。

韓服は韓国の人々が長い間着ていた服ですが、形や種類は時代によって少しずつ変わってきました。 例えば、三国時代には長いチョゴリに幅の狭いズボンやプリーツスカートを着用し、このような伝統は朝鮮中期まで続いたのです。 我々が知っている伝統の韓服は朝鮮中期以降に定着したものです。

コメント